セブンフラッシュ スロット

セブンフラッシュ スロット

死ぬ気で働いて、丸々三日空けたばかりだ」「…………それって」その言葉の意味をネアが飲み込む前に、しびれを切らした魔物がご主人様を抱え上げて門の中に飛び込んだ

「……っ?!」ぐりんと、世界が揺れて切り替わる

質の悪い転移のようで、また新しい不思議で壮絶な感覚に、ネアは慌てて口を押さえた

上に吸い上げられたような、深い穴に落ちるような、よく分からない天地の逆転の酩酊感を経て、すぽんと地上に吐き出される

「はぎゅ?!」またしても奇声を上げてぺっと吐き出されたネアは、久し振りに見る眩しい世界に目をしぱしぱさせる

眩しくて朝日が目に沁みたが、そんな刺激もまた懐かしい

(…………地上だわ)鳥の声が聞こえる

ネア達が吐き出されたどこかの森は、淡くきらきらと輝いていて、そこかしこに生き物の気配があった

とてとてと歩いてゆくのは、足の短い狸のような妖精だ

あなたも好きかも:裏 もの
その背中には、小さな毛玉みたいな生き物が勝手に無賃乗車している

あなたも好きかも:オンラインゲーム dn
にゃーんと鳴いて茂みから飛び出して行ったのはコグリスだろうか

それを追い回しているのは、どうやら椋鳥の魔物のようだ

風には温度や匂いがあり、世界が生きているということはこういうことなのだと、心の底から思う

「………そして、すっかり夜型になりました

眩しいでふ」「大丈夫かい?すぐに部屋に連れて帰ってあげるよ」気遣わしげに抱き上げたネアの頬に手をあてた魔物に、涙目のまま、ネアはぶんぶんと首を振った

「それよりも、何よりもまず、ディノはその怪我を治して下さい!治療の邪魔になるでしょうから、私は一度降りますね…」「駄目だよ、ネア