スロット ネットゲーム

スロット ネットゲーム

その程度の数の魔術しか覚えていないため、康太は魔術師としては駆け出しにも劣るだろう

「そのうち攻撃魔術はどれくらいだ?」「えと・・・ほとんどだと思います

あなたも好きかも:パチンコ 悪魔城ドラキュラ 出玉
少なくとも師匠が教えた魔術はほとんどが攻撃に使える魔術です」「あいつめ・・・らしいと言えばらしいが、初心者に教えるべき魔術があるだろうが・・・何故それを教えないのか・・・」「えと・・・師匠自身使えないからだと思います・・・」小百合は破壊以外の魔術が使えない

そのことを思い出したのか奏は小さくため息をつく

教えないのではなく教えられないのだということを思い出し、傍らにいる真理の方を見ると再びため息を吐いた

「そうだったな・・・お前もだいぶ苦労していたように記憶している・・・不出来な弟弟子ですまんな」「いいえ、師匠からはいろんなことを教えていただきました

何より私は師匠のことを優秀な魔術師だと思ってます

謝られる理由はありません」自分の師匠は優秀である

あなたも好きかも:カジノ 方法
その言葉を小百合が聞いたら一体どんな顔をするだろうかと奏は薄く笑みを浮かべていた

正面向かって褒めないのは師匠に似ているなと思いながらも奏はゆっくりと視線をある建物に移す

「ある程度戦えるというのなら問題はない・・・攻撃を開始する

あいつらにもそう伝えろ」奏は仮面の下に笑みを浮かべたまま建物から飛び移っていく

その先に自分の今回の標的がいるという事を見越したうえで、攻撃魔術を発動した

土曜日なので二回分投稿これからもお楽しみいただければ幸いです

「来たね・・・連絡だ

行くよビー!」「了解です!」攻撃開始の合図と同時に康太と幸彦は移動を開始していた