スロット 面白い台 2016

スロット 面白い台 2016

そのアンデッドが移動した状態で………………これまで維持されていた? アンデッドが移動する……死者の谷の溢れたアンデッドにつられて? それ自体がおかしいような……」「それは今更なのです……確かに命令を受けてそれが維持されているのについていくのは変なのです?」「ここにいたアンデッドが外に出た、それはここの中にいたアンデッドの意志……自然とそうなるように仕向けられていたとは思えない

あなたも好きかも:岡崎産業 パチスロ
確実に何かの意思が働いていた……今もその意志はいる、あるいは残っている可能性が高い……」「つまりどういうことなのキイ様?」「誰かが命令を下し続けている、清掃も、アンデッドが溢れた時にアンデッドの群れを向かわせたのも

それを命令している何かの意志による、のかな?」「可能性の上では、だと思うですけどね」 結局のところ公也たちの出す結論は今も何者かがアンデッドに命令を下し操作している、ということになる

とはいえ、結局はその大本を見つけなければ意味はないのだが

あなたも好きかも:パチンコ 冬のソナタファイナル
呪いとも何か関係があるのか、それとも関係はないのか

アンデッドと呪いに関係はあるのか

それを詳しく知るためにも奥へと向かうことは必要不可欠である

結局ここで話したところで実際に行って確認する以上の把握手段はないのである

「ここも……部屋か」「覗いてみるのです?」「ダメダメ! これ、中いっぱいいるし!」「………………」「………………」 ヴィローサの言葉で近づくのをやめる公也

「いっぱい?」「いっぱい!」「……魔法で確かめるのは」「ちょっと危ないのです

魔力でこちらに気づくかもしれないのですね」「光の魔法は光の届く範囲、あるいは壁がある程度魔法を遮ってる感じで壁の向こうには届かない感じだから大丈夫だが……」「……扉のおかげで遮られているのはありがたいのです

しかしこの壁の向こうに一杯、なのですか」「アンデッドが大量に死者の谷から送られてきたからくり……かな?」「ここに確保していた、という可能性はあり得るかもしれないのですね」 ヴィローサの発見した壁の向こうにいるアンデッド群

扉の中、部屋の中に収容されているアンデッド軍……これは少々きな臭い、というか怪しい

死者の谷かあら触れてきた謎のアンデッドたち、溢れるにしても少々あり得ない数が存在していた

いったいどこからそれほどのアンデッドが来たかわからない

しかし、この場所から来た可能性は高く

そして壁の向こうにいるアンデッドたちはその怪しいアンデッドたちなのではないか、そういった可能性が考えられる

「そういえば……ここまでもいくつか部屋はあったか」「中には何もなかったですね