北斗の拳 世紀末救世主伝説 パチンコ やめどき

北斗の拳 世紀末救世主伝説 パチンコ やめどき

Bloggerの推奨事項:

  • 小説 リゼロ
  • 東方コラボ
  • why 平井堅
  • かぜの用心棒
  • ディメンション・マジック
  •  北独第9軍団残りの第25「H」師団と軍団砲兵隊はオルレアンの北東郊外、アルトネへの本街道(現・国道D2020号線)とルリーへの街道(現・国道D2152号線)間にある諸部落や農場に宿営し、その左翼(東)はその南側ロアール河畔に広がる普第3軍団の占領地と連絡しました

     独第二軍の総予備となった普第10軍団はこの5日、その前衛をセルコットまで進めて宿営し、普騎兵第6師団はアルトネの東側に展開して宿営しました

     この日、フリードリヒ・カール王子は本営と共にオルレアンへ入城し、ロワレ県庁に落ち着くとフリードリヒ・フランツ2世を迎え固い握手を交わすのでした

     さて、オルレアン大森林の東端付近となる独第二軍の最左翼(東)では、普騎兵第1師団長のユリウス・ハーツゥング・フリードリヒ・フォン・ハルトマン中将が既述通り普第20師団の半数をも指揮下に収め、ロワン川流域から更に東方ヨンヌ川方面を警戒していました

     3日当初はオルレアン大森林方面とロワン河畔のモンタルジに仏軍守備隊を確認していたハルトマン「集団」でしたが、4日朝となると斥候たちは口々に「仏軍は各地から姿を消した」と報告し、将軍は4日深夜にオルレアンの顛末を知ると翌5日早朝、ボーヌ=ラ=ロランドからベルガルド(ボーヌ=ラ=ロランドの南9キロ)へ進んでその近郊に宿営し直すのでした

    あなたも好きかも:スロット 沖ドキ トロピカル テンパイ音
     こうして12月3日と4日に渡って繰り広げられた「第2次オルレアンの戦い」は独軍側の完勝に終わり、仏ロアール軍は2万名以上の損失を被って事実上崩壊しました

     この2万の損害の内、実に6割相当の1万2千強が捕虜であり、その大部分は最後までオルレアン周辺で戦った仏第15軍団の将兵でした

    あなたも好きかも:ドンキホーテ パチンコ台
    彼らは疲弊し切って憔悴し、殆どの兵士はボロボロの様々な制服を纏い、多くが外套や毛布も支給されずに凍え震えていました

    負傷兵もまた多数で、その多くは数少ない軍医の手当を受けられず、慈悲深い大司教の号令で動員された神父や修道士女の助けで何とか生き延びていたのです

     独軍は各種砲74門を鹵獲し、浮氷が漂うロアール河畔に係留され放置されていた河川砲艦4隻も拿捕しています

    あなたも好きかも:パチンコ 実践取材
     対する独第二軍・大公軍の損害は合わせて1,750名程で、実に独仏の損害差10分の1以下で独軍はこの大勝利を得たのでした

    戦いの後~戦場を巡回する普軍槍騎兵※独第二軍と大公軍・12月3日~4日の損害◇12月3日*普第3軍団戦死/下士官兵15名・馬匹45頭、負傷/士官7名(内軍医1名)・下士官兵80名・馬匹23頭、行方不明/下士官兵1名*北独第9軍団戦死/士官8名・下士官兵74名・馬匹31頭、負傷/士官26名・下士官兵282名・馬匹40頭、行方不明/馬匹2頭*普第10軍団戦死/士官1名・下士官兵18名、負傷/士官3名・下士官兵39名・馬匹3頭、行方不明/下士官兵3名・馬匹1頭*普第17師団戦死/士官1名・下士官兵14名・馬匹20頭、負傷/士官2名・下士官兵49名・馬匹18頭*普第22師団戦死/下士官兵2名・馬匹3頭、負傷/士官1名・下士官兵13名*B第1軍団戦死/士官3名・下士官兵5名・馬匹1頭、負傷/下士官兵15名・馬匹4頭、行方不明/馬匹1頭*普騎兵第2、第4、第6師団戦死/士官1名・下士官兵3名、負傷/下士官兵2名・馬匹3頭◇12月4日*普第3軍団戦死/士官6名・下士官兵39名・馬匹10頭、負傷/士官3名・下士官兵91名*北独第9軍団戦死/士官8名・下士官兵76名・馬匹20頭、負傷/士官29名・下士官兵319名・馬匹20頭、行方不明/下士官兵1名・馬匹1頭*普第10軍団損害無*普第17師団(含む軍本営)戦死/士官1名・下士官兵18名・馬匹4頭、負傷/士官10名・下士官兵92名・馬匹7頭、行方不明/下士官8名*普第22師団戦死/下士官兵1名、負傷/下士官兵2名*B第1軍団戦死/士官3名・下士官兵47名・馬匹8頭、負傷/士官8名・下士官兵204名・馬匹20頭、行方不明/下士官兵50名*普騎兵第2師団戦死/下士官兵7名・馬匹15頭、負傷/士官3名・下士官兵35名・馬匹10頭、行方不明/下士官兵1名・馬匹4頭*普騎兵第4師団戦死/下士官兵3名・馬匹18頭、負傷/士官2名・下士官兵11名・馬匹35頭、行方不明/下士官兵3名・馬匹1頭*2日間総計戦死/士官32名・下士官兵322名・馬匹175頭、負傷/士官94名(内軍医1名)・下士官兵1,234名・馬匹183頭、行方不明/下士官兵67名・馬匹10頭仏軍陣地に突撃する普槍騎兵 オルレアンが陥落したことで仏ロアール軍はサルブリ方面へ撤退した仏第15軍団の残兵、ジアンへ転向したブルバキ将軍以下の仏第18、第20軍団、オルレアンの西郊外で大公軍と対峙するシャンジー将軍率いる仏第16、第17軍団と事実上3つに分裂してしまいます

     この結果を受けたガンベタらトゥール派遣部は、その敗北責任の全てを総指揮官だったドーレル・ドゥ・パラディーヌ将軍に押し付け罷免しました