ココナラ 詐欺

ココナラ 詐欺

Bloggerの推奨事項:

  • 5060ルーレット
  • rmt ドラクエ
  • 刀剣の巫女
  • 2ch勢い
  • 水戸黄門 ゾーン
  • この砲兵たちは正確かつ速射に次ぐ速射によって仏軍縦隊を叩き続け、結果午前中にはヴィル・エヴァルに居残っていた仏軍を含め全ての仏将兵が退却し、独軍の視界から消え去ります

    あなたも好きかも:パチスロ エヴァンゲリオン 魂 を 継ぐ 者
    メゾン・ブランシェとヴィル・エヴァルでは午後になるとS軍団前哨が現れ、危険な包囲網最前線任務を再開するのでした

     また、W師団前線の危機に際し21日にW師団戦線の後方へ到着しグルネー(=シュル=マルヌ)東方のマルヌ河畔まで進出した独第4師団と独第2軍団砲兵隊でしたが、同日には直接W師団の戦線(マルヌ南岸)に仏軍の攻撃はなく、第4師団はトルシー(グルネーの東南東6キロ)とフェリエール(同南東10.5キロ

    郊外にあのフェリエール城があります)に宿営し待機となります

    翌22日早朝に同師団所属の第8旅団と軍団砲兵隊の一部はS軍団への増援としてシェルに前進し、一時はS軍団と肩を並べてル・シュネー周辺の最前線守備に就きました

    あなたも好きかも:ハナハナ 必勝法
    しかし前述の通り仏ヴィノワ将軍の諸隊は後退を始めたため、第4師団と軍団砲兵隊には旧来の陣地へ復帰するよう命令が出され、その日の内に元の「クレテイユの三角地帯」へ帰って行ったのでした

    ☆22日以降の普近衛軍団前線 仏パリ第2軍は22日以降もグロレー・フェルム(当時は一軒家の農場

    ドランシーの東1.4キロ

    レストランとして現存します)とドランシー部落周辺に居残り、その後方でも部隊移動など活発な行動が見られたため、普近衛軍団を中心に独マース軍は「仏軍は23日以降も攻撃機会を狙うに違いない」と考え、以降数日間は前線近くに本隊を留め置き、厳重な警戒態勢を続けました

    あなたも好きかも:スロット ハッピーライフ
     しかしこの頃、北方アミアンの戦線で「アリュ川の戦い」が発生したため、ベルサイユ大本営はマース軍に対してマントイフェル第一軍への増援派遣命令を出すのです

    25日には独第16旅団(第8師団)に第4軍団の軽砲第4と重砲第3中隊を付して、ゴネス(ル・ブルジェの北5.8キロ)付近から鉄道に載せアミアンへ送られる手筈が整い、これによって「穴」の開く第4軍団の包囲網には普後備近衛師団の一部が送られて守備に就くよう、更に後備近衛兵の移動によってこちらも穴の開くサン=ジェルマン=アン=レーには独第三軍最左翼の第5軍団が一部を派遣するよう、それぞれ手配が成されました

    しかし、25日中に独第一軍はベルサイユ大本営に対し「アリュ川の戦いに勝利して仏北部軍が撤退を始めた」旨の報告を上げたため、ほとんどの部隊はクリスマスの内に元の守備位置へ引き上げたのでした