鬼武者 スロット 711

鬼武者 スロット 711

Bloggerの推奨事項:

  • ささみ さん 天井
  • アリア 新台
  • 高岡パチンコ
  • デッドオアアライブ アプリ
  • スロット出る時間帯
  •  今日は大陸暦五百六年三月七日

    あなたも好きかも:アリスト スロットル
     つまり、闘神練武祭の当日なのだ

     今朝、宿を出たときには、アレウテラスの街全体が闘神練武祭一色に染まっていた

    極剛闘士団の紋章が描かれた真っ赤な旗が街中に掲げられ、様々な出し物が市内を彩り、闘神練武祭の盛り上がりを演出していたのを見てきている

    あなたも好きかも:パチンコ 出る 時間
    待ちゆく市民が生み出す熱量は、アレウテラス全体を凄まじいまでのお祭り騒ぎで覆い尽くす勢いであり、アレウテラス市民にとってこの祭りがどれだけ重要なものか、セツナたちにも実感として理解出来た

     闘神練武祭は、最終戦争、“大破壊”で亡くなったひとびとの鎮魂のための祭事であるとともに、いまを生きるひとびとの心を奮い立たせる祭りでもある

    闘技こそが根幹たるこの闘都に生まれたものたちの魂は、闘技によって慰められ、鎮められると考えられたのだろう

    そして、家族や友といった大切なひとたちを失ったひとたちの心もまた、闘技によって勇気づけられ、奮い立たつのだ

     闘技がアレウテラスの中心である、とはデッシュの言葉だが、まさにその通りの出来事が起きていて、セツナたちは彼の言葉を思い出しては、納得したものだった

    あなたも好きかも:パチンコ牙狼 魔界の花
     そんな闘神練武祭において、最大の催し物とされるのが、アレウテラスの中心に位置する中央闘技場で開催される闘技会形式の儀式、奉魂の儀だ

    闘士たちが己が誇りをかけてぶつかり合う闘技は、魂の激突であると定め、その激しい魂のぶつかり合いによって、最終戦争や“大破壊”で犠牲になったアレウテラスのひとびとの魂を慰め、鎮めるといった名目で執り行われてきたという

    闘技こそがすべてたるアレウテラスらしい儀式といえば、そうかもしれない

    死んでいったひとびとのほとんど全員が、アレウテラスに生まれ育ち、骨の髄まで闘技に慣れ親しみ、闘技こそ人生であると考えていたはずだ、という想定に基づく儀式なのだ

     実際のところ、アレウテラスの全住民がそこまで闘技に惚れ込んでいるのかはわからない

    しかし、闘技を少しでも嫌う人間が住みにくい都市であることは確かであり、アレウテラスの空気感と合わないものは住み着こうとはしないだろうという感覚は多分にあった

    おそらく、アレウテラスに長年住んでいたひとたちは、この闘神練武祭の熱狂的な盛り上がりを理解しうるひとたちだっただろうし、そういったひとたちの魂を慰めるには、やはり闘技しかないのかもしれない