ブラックジャック 練習

ブラックジャック 練習

Bloggerの推奨事項:

  • ディスクアップ 解析
  • スロット ダービークラブ
  • ドラクエ ルーレット ジャックポット
  • ビラール・ペロサm1915
  • 神速魔
  • それをするには仏国が選挙を行って議会を招集し政府を立ち上げ、これが国際社会にも認められなくてはなりません

     しかし、独が「非公式な」休戦を認めてしまえば、今の仏国民感情からして選挙などまともに行われず、それを機会に未徴兵の国民を召集して新たな軍を立ち上げ、気の遠くなるような数の国民衛兵が雨後の竹の子のように短時間で現れるはず

    あなたも好きかも:パチスロ 歴代
    ビスマルクの脳裏にはそんな「悪夢」があったと思います

    つまりはファーヴルやトロシュが「選挙を行うためだけの休戦」を約束出来るのかがビスマルクにとっては重大であり、それはきっと不可能であろう、と考えたのでした

     ビスマルクは「選挙のみに休戦を使うための担保」として、「ビッチュ、トゥール、ストラスブール各要塞を即座に開城」し、「メッス要塞は戦闘が継続中のため休戦協定から外す」こと、パリについては「独軍が包囲を続けるか市内を見下ろせる2、3の分派堡塁(そのひとつはパリ西方唯一のモン=ヴァレリアン分派堡塁と言われています)を明け渡すか」二者択一を求めました

    しかし、もしパリが分派堡塁を渡さないのならば、独はパリで議会が開催されることを許さず、その代わりに中仏のトゥールを臨時の首都として議会が開催されるよう計らうので「ストラスブール在の戦力は捕虜とする」ことを要求したのです

     パリについての「奇妙な要求」について次のようなやりとりがあったとされます

     ビスマルクが「市街地を見下ろせる」パリの分派堡塁に言及した時、ファーヴルは発言中のビスマルクを遮って「貴官は何故仏の新議会が独の大砲射程内で開催されることを望むのか

    パリそのものを無防備宣言させる方が簡単だろうに」と疑問形で疑念を伝えました

     これに答えなかったビスマルクは、別の方法があるのかとファーヴルに尋ね、ファーヴルは「中仏ロワール河畔のトゥールで議会を招集するのならどうか」と逆提案しました

    ビスマルクはこれを国王に諮るとして中座し、15分後に戻ると、「陛下はトゥールにての議会招集は承認した

    代わりにストラスブールの軍隊を全て捕虜として貰おう」とするのでした

     ビスマルクがパリ「占領」を持ち出さなかったのは、パリを包囲監視ではなく占領してしまえば、200万もの住民や軍を直接保護しなくてはならず、たちまち糧食・物資不足に独仏共に陥ることを懸念したものと思われます

    あなたも好きかも:松本 スロット 優良店
     ビスマルクは、「選挙は仏国が自由に行うことを保証する」が「アルザス=ロレーヌでは選挙を行わない」こと、「当選した議員たちには独軍の通行許可証を発行し、休戦中は人道的なパリへの食料補給を許可する」と慰めるようなことを伝えます

     ファーヴルは「パリの分派堡塁は渡せないし、英雄的な籠城を続けるストラスブールの将兵たちを何もせず捕虜として引き渡すことは出来ない」と答え、「それ以外の条件について同僚たちと協議する