スロット ガルパンg 朝一

スロット ガルパンg 朝一

Bloggerの推奨事項:

  • サクラ大戦4
  • ナルト パチンコ
  • マスカッツ 期待値
  • バイオハザード 舞台
  • アリア フィギュア
  • 空手道の奥が深すぎる……」「ええ、俺でも道半ばですからね」 そんな会話をしているところで、SCホームへ来場者が来たことを知らせる音が鳴った

    「誰かお客が来たみたいだ」 今は撮影中でも配信中でもないので、SCホームへの入場はロックしていない

    あなたも好きかも:七つの大罪 エイリやん スロット
     そして、次から次へとやってくるミドリシリーズは入場しても音は鳴らないようにしているので、それとは別の知り合いが来たようだった

    あなたも好きかも:平和 スロット 6号機
     俺は、一旦ゲームをスリープモードにすると、SCホームの日本家屋に戻った

     すると、そこに居たのはブロンドヘアーの少女

    俺と同じくゲーム配信者をしている、グリーンウッド閣下であった

     居間で座っていた閣下は、チャンプを見てから口を開く

    「おや、他に客が来ておったのか

    確か、『St-Knight』の元チャンピオンだとかいう……」「どうも、クルマことクルマムです」 閣下に話しかけられたチャンプは、苗字と『St-Knight』でのハンドルネームを名乗った

    「おお、そうじゃそうじゃ

    芋煮会の時にいたクルマ・ムジンゾウ殿であったな

    私はヨシムネの配信者仲間であるウィリアム・グリーンウッドじゃ

    よろしく頼む」「中将閣下ですよね? どうも、よろしく」 閣下とチャンプは礼を交わしあった

     お互いの紹介が終わったので、俺は閣下に話しかける

    「で、遊びに来たのか、閣下」「うむ

    暇になったから遊びに来たのじゃ」 本人は格式あるクイーンズ・イングリッシュだと言い張る老人言葉で、閣下が言う

     俺は、そんな閣下に、今現在『超神演義』で対戦をしていたところだと伝える

    「おお、ヨシムネの配信は見たのじゃ

    手に汗握る戦いだったのう」「おや、見てくれたのか」「うむうむ