パチンコ 一万円 何分

パチンコ 一万円 何分

Bloggerの推奨事項:

  • 拐われて
  • pso2 スロット 減らす
  • aスロット
  • パチンコ どん じゃら 姫路
  • スターオーシャン4
  •  だから読み手が察した到着点つまり終わり方をするのが予定調和なのです

     予定調和で終われば、察したとおりの「結末(エンディング)」を迎えるので、読み手の満足度が高まります

    あなたも好きかも:スカイガールズ パチンコ
     ただし満足度が最高になるわけではありません

     読み手は「よい意味で」察していた「結末(エンディング)」を裏切ってほしいのです

    裏切られたほうが、より高い満足度になります

     推理小説で考えればわかるのではないでしょうか

    あなたも好きかも:ff6 攻略 スロット
     冒頭を「死体を転がせ」で始めたとき、その殺害方法や状況で最も疑わしい人物の目星をつけます

    そしてもし真犯人がその冒頭で目星をつけた人物の場合、「なんだ、最初の読みどおりじゃないか」となって、それほど満足してくれません

     冒頭で目星をつけた人物が、物語を進めると途中で死んでしまう

    これだと「あれ? この人物が犯人じゃないの?」と読み手は裏切られてしまうのです

     ここから「真犯人は別にいる」パターンと「途中で死んでしまった最初の容疑者が真犯人だった」パターンが生じます

    あなたも好きかも:ピンクの像ch
    「真犯人は別にいる」パターンが多いのも推理小説の特徴です

     しかし「途中で死んでしまった最初の容疑者が真犯人だった」パターンであっても、読み手は予定調和を外されたと感じます

    最初からその人物が真犯人だと目星をつけていても、途中で死んでしまうと「予定調和ではないのか」となって「誰が真犯人なのか」わからなくなるのです

    推理がいったんリセットされてしまいます

     単純な推理ものしか書けない方は、途中で犯人を死なせてしまうとよいでしょう